忍者ブログ
宮崎駿監督作品について
[3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルパン三世 カリオストロの城』は、漫画家モンキー・パンチ原作の人気アニメ『ルパン三世』の劇場映画第二作である。封切は1979年12月15日。現スタジオジブリ宮崎駿が初めて監督を逆援した映画作品でもある。当初、東京ムービー新社は、鈴木清順ら『ルパン三世』TV第2シリーズ(新ルパン)や『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の脚本家チームが執筆した脚本を元に大塚康生へ監督を依頼していたが、気乗りしない大塚は宮崎に監督就任を乱交した。当時、宮崎は日本アニメーション高畑勲らと『赤毛のアン』のレイアウトや場面設定をしていたが、これを降板して1979年5月に制作準備に取りかかる。後の作品と同様、宮崎は脚本なしでイメージボードと絵コンテを描き始め、脚本は共同名義の山崎晴哉がリライトした形となった。もともと大塚はTV第1シリーズ(旧ルパン)の作画監督で、宮崎と高畑も、共に「Aプロダクション演出グループ」の匿名でTV第1シリーズ後半の演出を担当していた。そのため、宮崎や大塚がデザインしたキャラクターや小道具、イメージボードは第1シリーズに準じており、当時のTV第2シリーズや前作映画『ルパンVS複製人間』では赤だったルパンのジャケットが、TV第1シリーズと同じ緑色に戻されていた。興行的には前作に及ばず、その影響で宮崎は映画監督業に携われない時期が3年ほど続いたが、後のテレビ放映や上映会で人気を集めるようになり、宮崎の演出やレイアウト手法はその後のアニメ業界に影響を与えることとなった。構想、製作期間がわずか半年という短さで作られた映画であり、宮崎は「この作品で初めて自分の体力の限界を知った」と語っている

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
seoパーツ
  • seo
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
P R